ブログ

ブログ一覧

首が痛いのに、なんで足首を? 筋膜リリース

本当に最近は筋膜に注目が集まってきているのを強く感じます。
筋膜っていったい何なの?

流行りになると「本当は何か?」ということはど返しにして
早く始めた人が正しい・・・みたいな風潮は否めない。それが、
はやりというものなのでしょうけどね。

国営放送でも筋膜のゆがみが身体の不調につながると
医療関係者が断言してました。参考に→ https://youtu.be/brFu0kUknmU

オーストラリアでは当然この筋膜リリースも医療手技として以前から
セラピーに取り入れられています。もちろん、JARTのリメディアルセラピーにも!

スクールZOEの筋膜リリースセミナーでは、リラクセーションやダイエットなどの
目的ではない、身体が楽に動けるように、痛みや不調が改善されるようにするきっかけとして
筋膜リリースを用いるすべを伝えています。

その二次的な効果としては、身体が締まった感じになったり、リラックス感が出てきたり
動きが良くなることによって痛みを感じていた箇所が楽になったりということがあります。

セラピストでもエステティシャンでも、治療家さんでもトレーナーさんでも
その目的に合ったアプローチの仕方で応用できます。

もっと、筋膜リリースの本質を手にしたセラピストさんが増えて、クライアントさんの
笑顔が増えるようにこれからも頑張って伝えていきます。

参考動画 https://youtu.be/brFu0kUknmU

筋膜リリース

筋膜は身体全体を覆っているもの、筋肉や神経、血管など
軟部組織をまとめているもの、筋肉の深部で線維を束ねて
いるものなど様々です。

筋膜リリースというと何かを解放(リリース)すると
想像されるでしょう。
しかしながら、ZOEの筋膜リリースはそうではありません。

筋膜はとても薄く柔らかい膜ですが、厚みが増したり歪んだり
破れてしまったりします。その様な筋膜の状態は覆っている
筋肉に悪影響を与えます。

筋膜は伸張性に富んでいますが、上述の理由などによりその
伸張性が落ちてしまったり、または緩み過ぎてしまうことが
あります。
それでもやはり筋肉へ良い影響を与えません。

そうした悪影響から筋肉が本来の働きを持てるように
「解放」してあげることがZOEの筋膜リリースであり
他にはない特徴でもあります。

一般的な症状にも、美容にも、リラクゼーションにも、
そして治療的効果も期待できるのが筋膜リリース療法です。

来月もまた大阪で行いますので、興味のある方は是非
自分の技術として活用してください。

2016-05-10 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : remedialzoe

やりたいと思うかやると決めるか

自分がやりたいことは何かと考えることが大切

良く聞く話だけれど、やりたいことってなかなか
見つからなかったり想像できなかったりすることが
多いんじゃないだろうか?

やりたいって思っているうちは実行にうつせない

だから、頭で色々と考えてしまう
考えているとやろうという気持ちよりも不安が
募ってしまって、結局のところやりたいという思い
だけで終わってしまう。

もし本当にやりたいと思うことがあるのなら、四の五の
考えずにやってみる。

不安もきっとあるけれど、自分でやるっと決めたことを
根拠にすれば、必ずそこから学べるものがあるはずだから。

特に初めてのことならなおのこと、やってみなければ
何も始まらない。

自分の責任で挑戦することで自分を成長できるはず。

 

2016-01-28 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : remedialzoe

「~したい」は本気ではない事実

自分だけではなく、世間一般の人も同じなのかもしれない。
「本当は~したいんだ!」

でも、実際その「~したい」ことに対してどう向き合うか、
環境的な問題やその他諸々の事情があってなかなか手に付かない。
そんなことを見聞きすることは少なくない。

ひとつ思うことは「本気」でやりたいと思うことならば
「~したい」という前に行動に出ているんじゃないかということ。

自分自身の経験でしかないけれど、後先考えずに行動するとまでは
いかないが、”自分”が「~したい」と心に思ったことは実行している。
そうでなければ、何も生まれないから。

これは、施術(セラピー)においても同じで、もう少し経験を積んでから
やりたい、もっとうまくやりたい、もっと~したい、と頭で考えているうちは
自分の技術・知識として身に付いてこないと思う。

本当に「それ」が自分にとって必要で、心から欲するのであれば
先ずは行動(実践)することに意義があると考える。

何事もやってみなくちゃ分からない。
分かっているつもりのことはたくさんあるけど。

「~したい」のままよりか、「~やってみた」の方が得られるものは
大きいですよね。

~森岡の独り言~