スクール案内

リメディアルセラピーZOEへようこそ!

こちらではスクールの詳細についてご案内しています。

  • 講師紹介…スクールZOEの講師プロフィールです     
  • 卒業生の声…卒業生の感想を頂いています         
  • Q&A…受講やセラピーに関してなど良くある質問集です  
  • アクセス…スクールまでの道案内、連絡方法などです    
  • 認定協会…スクール認定の協会案内です                   
  • ブログ…講師からの一言、スクール情報などです    

未来のセラピストの皆さんへ

10年余り前、日本にリメディアルセラピーを持ち帰った時は全く受け入れられなかった。
セラピーという言葉を使うことすら敬遠されていた。セラピーは怪しい…と。

何か症状があると病院で検査をする。結果は問題ないけれど、症状が改善しない為に多くの方が困っている。
身体が少し辛くても、「いつものこと」「慣れてしまった」と我慢してしまう方も多い。
「今は気になるところはない」「自分は健康だから」、だからマッサージの必要もないと考える方も多い。

何か症状が出てきたら、それを「継続的に」改善して行こう!
今は気になるところはないから、「もっと健康になる為に」「5年後・10年後も健康で居られる為に」ケアをして行こう!
という考え方はなかなか受け入れられないものでした。

セラピー≒リラクセーションマッサージという捉え方も少なくなく、特にオイルを用いたトリートメントはリラクセーションが主目的が常識でもあるかと思います。

そうした常識的な先入観がありながらも、その流れは少しずつ変化してきました。
お客様が「リラックスだけではなく、症状も改善して欲しい。」と求めはじめ、セラピストも「もっと体の深いところまで、原因まで追究して、改善していきたい。」と求めはじめてきました。

リラクセーションにも、オイルトリートメントで「気持ち良かった。」効果に加えて、身体の無理な姿勢や無駄な力が抜けて、楽に動かせるようになると「楽になった。軽くなった。」という意味のリラクセーションもあります。

「姿勢に歪みがあるからいけない」、というのではなく、「その状態で負担がかかっている、余計に動かしてしまっている。」場所を見つけ出すことができる。一人ひとり姿勢や動きに癖があるから、一人ひとりアプローチが違うのは当たり前。
突発的な怪我でなければ、今ある症状は時間をかけて出てきたもの。一瞬で、一回のトリートメントで全てを改善・解消することは難しい。だからこそ、原因を探り、「より良く動けるようになる。」という目的を設定して、継続したアプローチができることが望ましい。

ZOEのリメディアルセラピーは、どの様に「お客様の症状を改善する」かを、様々な手技の意義と方法と関連性を学び、リメディアルセラピーの1セッションの中に取り入れる術を学びます。

セラピーに対する根本的な考え方から一般的なものとは違うため、最初は「難しい」「自分にできるかな」と感じることもあると思います。それでも、「簡単な」ものでは、本当にお客様の求めるゴールに対応することはできないと思います。

お客様は今も症状を改善して欲しいと待っています。その想いに応え、自分自身も納得しながらトリートメントができるセラピストの誕生が望まれます。

身体は壊れてしまってからの替えが効きません。一生をかけて付き合っていくものだから、今からケアをしても早過ぎも遅過ぎもありません。「今の症状を改善する。」だけでなく、「より良くしていく。」ことができる様に。

継続したケア、ニーズに応えるケア、お客様が本当に望むトリートメントができるセラピストに…成れるかな?ではなく、成れる!と思ってください。

その意思があれば、必ず成れます!
その未来の夢へ、ZOEも全力でフォローしていきます。