リメディアルセラピーとは

リメディアルセラピーはEBCM※のある手技の集合体で、本場豪州では治療の場でも用いられています

リメディアルセラピーとは

ご存知ですか?
オーストラリアは自然療法・補完代替医療の先進国です。

リメディアルセラピーは、自然療法大国オーストラリアやイギリスで発展普及している手技療法で、 本来はRemedial therapiesと言い、直訳するとRemedial(治療的な)therapies(療法の集合体)となります。

リメディアルセラピストは、解剖生理学、病理学などの知識を元に、スウェーディシュマッサージ、マッスルエナジーテクニック、筋膜リリース法、トリガーポイント療法、ディープティシューマッサージなどの様々な技術を用い、組み合わせる事で色々な症状に最適で効果的なトリートメントを組み立てて施していきます(教育機関によって内容が多少異なります)。

スクールZOEでは更に運動学、スポーツ障害学などの知識を加え、運動療法も取り入れ運動機能の改善にも役立てるリメディアルセラピーを構築しています。(参照:ZOEが選ばれる訳)

リメディアルセラピーは、それらの技術を用いて、姿勢バランス(骨格の並び含め)のチェック、関節可動域の改善、受傷部位やその周辺の筋肉(軟組織)の硬縮緩和、マッスルトーン(筋の緊張)の調整などに主眼をおき、それぞれの分野の相乗効果を期待できます。

それにより、運動選手の日頃の練習による筋疲労の緩和、怪我の予防や、古傷の再発予防をはじめ、リハビリテーションにも役立つことが出来ます。

《改善が期待できる症状例(当スクールの場合)》
慢性腰痛、頭痛、偏頭痛、膝痛、四十肩・五十肩など一般的な諸症状。運動・スポーツにおける怪我の予防、動き方(パフォーマンス)の改善。骨格の歪みによる機能障害(神経障害など)の予防・改善。筋出力の不安定性など。

ZOEリメディアルセラピー最大の特徴

いつも繰り返してしまう「痛み・不快」
その部分だけをケアしたり、一時的に不快を取り除く事は気休めにしかならず、日々のパフォーマンスを低下させてしまいます。

リメディアルセラピーは
「体型や仕事、生活環境などにより、動きの制限・不快や痛みの程度はひとり一人違う」という事に注目。

姿勢や動きをカウンセリングし(歩行も確認)クセ、歪みを見つけ出す事によって、不快の‘原因’となっている箇所へアプローチする事が出来ます。

そしてクライアント自身が日常の生活の中で自らの状態に気付き、「身体の本来のはたらき」を徐々に改善していける様にきっかけを与えます。

それがZOEのリメディアルセラピーの最大の特徴です。

現地でのリメディアルセラピー


日本では馴染みの無い「リメディアルセラピー」ですが、医療分野に属するマッサージ療法で、健康保険に適用してるほど、国民の生活に密着しているセラピーです。(※豪州政府認定校の認定資格のあるセラピストに限る)

クリニック(医療機関)に在籍し、治療マッサージとしてクライアントへ施術。
スパなどでリラグゼーションを中心としたトリートメントを行ったり、スポーツの場で選手のコンディショニングやケアをするリメディアルセラピストもいます。
 
また最もポピュラーな形として、沢山のリメディアルセラピストがモバイル(移動)マッサージを行っています。
日本では、自宅にセラピストを呼んで…というのは敬遠されがちですが、文化の違いでしょうか、オーストラリアではごく自然に行われています。


日本でのリメディアルセラピー


スクール卒業生のリメディアルセラピストの他に、オーストラリアへ留学し、
豪州認定リメディアルセラピストの資格を取得したセラピストがそれぞれ活動しています。

当スクール卒業生の皆さんも幅広く活躍されています。
独立開業される方、理学療法に取り入れクリニックで活躍される方、スポーツトレーナーとして活動されている方、エステティシャンとしてサロンメニューに取り入れている方、歯科医師として治療のサポートに取り入れている方などが多岐に渡っています。

※本文は日本リメディアルセラピー協会(JART)代表森岡の監修が原文:不許複製
※Remedial Therapy, Remedial Massage, Remedial Massage Therapyの和訳のためリメディアルセラピーのほか、リミディアル、レメディアルと表記されている場合もあります。当会ではそれらをまとめてリメディアルセラピーと呼んでいます。
※EBMとは根拠に基づいた補完代替医療(Evidence-based complementary medicine)。医療において科学的根拠に基づいて診療方法を選択すること。(参考Wikipedia)