ディープティシューマッサージ

筋肉の機能改善!ディープティシューマニピュレーション

 

ディープティシューマッサージ(マニピュレーション)セミナー

ディープティシューセミナーで学べること

ソフトティシュー(オイルマッサージ)やディープティシューマッサージがリラクセーションの為のトリートメントではないということを体感しながら学んでいきます。
リラクセーションは目的ではなく「効果」として期待し、一番は筋肉の機能を改善していくということです。表層から触察できる筋肉を捉えながら、筋や筋群を感じながら行うストローク法を学び、実際の身体活動にどの様に反映させていくかを学びます。


ディープティシューマニピュレーションとは

ディープティシューマッサージ(マニピュレーション)は機能改善が必要な深層(表層)の筋肉に直接アプローチしていく画期的なケア方法です。
(下図は菱形筋ケアの一例です)




「ただ凝っているところをほぐす」ということではありません。
ケアしたい筋肉を見極め、効果的なフリクション(各手技)を選択し、施していくことが機能改善へと導きます。
当スクールでは、ディープティシューの基本はもちろん。「自分が今どの筋肉をケアしているのか?機能改善が必要なのか?」を見極めることの出来るプログラムを行っています。

※ディープティシュー=強押し と考えるのは体にとって大変危険なことです。
正しい、マニピュレーションマッサージを身につけることで、安全にクライアントの主訴を改善する手助けとなります。またセラピスト自身も自分のからだを痛めず、ライフワークとして続けられるでしょう。

実技が沢山の2日間プログラムです。一つでも多くの手技を身につけ、実践にお役立て下さい。


※開催日程についてはお問い合わせください。


受講費用・定員



東京開催 60,000円(64,800円税込) ※1名での受講希望の場合は受講料が異なります(要相談)  
テキスト代・修了証発行代込

森岡 望・森岡 愛 

最大8名までの少人数制 
※最少催行人数 東京会場:2名



法 
銀行振込 または クレジットカード決済 ※カード決済手数料3.5%がかかります 
※分割ご希望の方、応相談


セミナー内容

講義内容
マニピュレーションが必要な理由
ディープティシューマニピュレーションとは
ディープティシューの効果と目的
ディープティシューの注意点
各手技の紹介と基本手順(基本姿勢/圧の掛け方など)
実践 触察(触診)動きのチェックも各筋肉で学習
①頭痛・首コリ/ 僧帽筋…など 
②上背部 肩・腕の痛み・コリ/ 大菱形筋…など
③腰痛・胴回りの主訴/ 中殿筋…など
④殿部・もも・ひざ痛/ 大腿直筋…など
⑤足の機能低下・痛み/ ヒラメ筋…など


メディア

ディープティシュー・マッサージ療法(ファビアン・フェルナンデス/著 代表森岡/監修)